捨てられない私が断捨離できた理由

〜 お小遣い稼ぎしながら楽々お片づけ 〜

買取サービスで売る(モノを手放す方法①)

こんにちは♪

今回は買取りサービスを利用した断捨離方法を紹介します。

買取りサービスを利用することによるメリデメは次の通りです。

 

メリット(短期間で大量に片づけられる)

  • まとめて送付することで、いっきにモノを手放すことができる
  • 売る手間が少ない。
    段ボールに詰めて送れば、査定から振り込みまでほぼワンストップで行えるところが多い。
  • キャンペーン中に申し込むと査定額がアップする。
    大量に出すことで、お小遣い程度の利益を得ることができる。

デメリット(査定金額は小さい)

  • 漫画や小説はかなり安価な値段で買い取られる。
  • 商品の状態などを理由に買いたたかれる場合がある。
  • 場合によっては、1品1品の査定額が開示されないことも。

 

以上のことから、断捨離するには業者サービスが向いていると考えます。

前回の記事でも述べましたが、売るということは売れるまでは、手元に在庫として残るということになります。
すぐに需要が出なさそうなモノが手元に残っていては、いつまでも断捨離が進みません。
それどころか、モノが手元にあることで勿体ない気持ちが加速し、やはり売るのもやめようかなぁと迷いが出てきますので、おすすめできません。

そのため、本やDVDなど大量にあり、部屋のスペースを確保しているものは、まとめて業者に売ってしまうのが一番です。
漫画本などは1冊5円いけば高いくらいですが、チリも積もればで大量に売った場合はそれなりにお小遣いが発生しますので、一石二鳥です。

メルカリ等のフリマで売るほうが高く売れることは間違い無いですが、1つ1つ取引して梱包して発送するという手間(時給)を考えれば、まとめて売る方がはるかに効率が良いのです。

ここで、もう一度。

私たちの目的は、利益追求でなく断捨離であることをお忘れなく♪

 

断捨離の第一歩として、まずはどこかの業者に売ってみましょう。
モノの整理の練習にもなりますし、思わぬお小遣いも入り、売ることが楽しくなるはずです。

売るに当たって、信頼と実績のある業者はたくさんありますので、検索してみましょう。
基本的にはインターネットを介して個人情報のやり取りをするところが多いので、自分で納得いった業者に売ることが大事です。

 

なお、私が利用したサービスは次の3つです。ご参考までに簡単に紹介します。

どのサービスも段ボールに詰めて送るだけなので、楽々でした。
対応も丁寧で良かったですよ。

業界的に、段ボール無料サービスがある業者も多いですが、送られてくるまでにさらに時間がかかってしまうため、安価な段ボールを買うか、近所のスーパーで予め段ボールを調達しておくことをおすすめします。

 

ネットオフ

本やCD、DVDを中心に買い取ってもらいました。
事前にISBNコードから査定金額を確認することができるので、便利です。最近のトレンドを知ることもできます。
他の買取サービスとの価格比較としても利用すると良いでしょう。
管理人は、漫画や小説よりも自己啓発本が高く売れることに驚きました。

 

専門書アカデミー

大学の教科書やPC専門書を中心に買い取ってもらいました。
漫画等を専門としている買取サービスよりも価値が分かっているので、思わぬ高値が付くこともあります。
業者ごとに強みとするジャンルが異なりますので、事前に調べておくと良いでしょう。

 

 駿河

アニメグッズを中心に買い取ってもらいました。
ゲームセンターのプライズのぬいぐるみやCD購入特典のポスターなども買取OKです。
こちらも事前に査定金額を調べることができますので、安心です。
(店舗の方針で、0円のものは基本的に送付しないように注意してくださいね。)
事前に自分で送付する商品とその査定金額を見積もる方法と、まとめて送って店舗側で査定してもらう簡易的な買取り方法との2種類が選べます。

買取TOP|通販ショップの駿河屋

 

次回は、メルカリを使ったフリマサービスでモノを手放す方法をご紹介します。