捨てられない私が断捨離できた理由

〜 お小遣い稼ぎしながら楽々お片づけ 〜

捨てるモノを選択する方法

今回より、いよいよモノを捨てていく方法をお話しします。

まずは、捨てるモノを選択する方法です。

 

私がモノを捨てる上で、考え方のお手本にしたのは、こんまりさんこと近藤麻理恵さんが提唱しておられる、ときめく片づけの魔法です。

※特に参考にした著書は「イラストでときめく片づけの魔法(サンマーク出版)」です。

 

ご存知の方も多いと思いますが、ときめくものは取っておき、ときめかないモノは捨てるという考え方です。(メソッドの詳細は、こんまりさんの本をご参照くださいね。)

なお、こんまりさんメソッドでは捨てるだけでなく、取っておくものの片づけ方・しまい方も具体的に紹介されていますので、整理整頓を中心に行いたい方にもオススメです♪

 

さて、私の場合はもう少し具体的に以下のような判断基準を設けました。

 

  1. ときめくか?
    ・ときめかない → 捨てる
    ・ときめく → 2.へ

  2. 1年以内に使うか?
    ・使わない →  3.へ
    ・使う   → 取っておく
     ※限定品などは、パッケージを1年以内に拝みたいか

  3. メリットや目標のためなら手放せるか?
    ・手放せる  → 捨てる
    ・手放せない → 取っておく

ここで、3.で述べたメリットというのは、例えば売るということです。

具体的には、ゴミとして捨てるのは勿体ないが、誰かに譲ることで使ってもらえるという喜びや、売ってお小遣いになるというメリットがあるのであれば手放しても良いかどうか、を考えみてください。

(もちろん、一番の目的であるモノを捨てるために手放せる、というのであれば100点満点ですネ!)

私は、この3.の判断基準を設けることにより、捨てられるようになりました。

もう少し正確に言えば、実際にモノを捨てて、その得られるメリットを実感することで、続けて断捨離していくことが可能になりました。

 

まずはだまされたと思って、捨ててみましょう。

いえ、捨てるという言葉を、しばらくの間は「手放す」と変えていきましょう。

次回は、私が実践した大事なモノを手放す具体的な方法についてご紹介します。