捨てられない私が断捨離できた理由

〜 お小遣い稼ぎしながら楽々お片づけ 〜

断捨離を決意した経緯

今回は私が断捨離を決意した経緯をお話しします。

一言で言うと、モノを置いておけなくなったから、です。

 

これまでも、汚い部屋を見て、もちろん片づけたいと思う気持ちはありましたが、

前回お話したように、結局は「勿体ない」気持ちからモノを捨てられないでいたのです。

しかし、ここで転機が訪れます。

実家に介護が必要となった祖母が同居することになり、私の暮らしていた部屋を潰して祖母の部屋とすることとなったのです。

私は数年前に結婚して別の新居に住んでいますが、実はその実家の部屋こそが、捨てられないモノ部屋だったのです。

 ・・・・・何とか片づけないと、おばあちゃんを迎えられない!

必死で片づけをする日々が始まりました。

 

これが私の断捨離ライフの始まりです。

最初は祖母のため、実家のため、という目的でしたが、結果的には素晴らしい宝物を得ることができました。

これを機に捨てられる体質となり、実家だけでなく新居の不要なモノを持てられ、整理できる私に生まれ変わったのです。

もちろん、収集癖や買い物癖が完全に治ったわけではありません。

無理の無い範囲で自分をコントロールしながら、断捨離することが可能となったのです。

 

皆さまそれぞれに断捨離したいと”思う”きっかけがあると思いますが、特に”始める”きっかけがない場合は、

まずはご自身で「断捨離を始めるきっかけ」を作ることが大事です。

個人的には、目標を決め、モノを置けない状況を無理やり作り出すことをお勧めします。

 

目標がどうしても見つからない場合は、

「断捨離をすれば○○になれる!なりたい!!なる!!!」という、結果的に得られる効果を書き出してみましょう。

少なくとも、綺麗で素敵なお部屋が手に入り、その結果、心身がスッキリする効果が必ず得られること間違いなしですよ。

 

例:

【目的】家族のために綺麗にする
 →  子供やパートナーには綺麗なお部屋で過ごしてもらいたいですよね。
 (管理人は、結婚したことでパートナーから汚い部屋で過ごしていることが
  辛いと言われ、 片づけをするモチベーション(目的)が一つできました。)

 

【手段】モノを置く場所を決める
 → このスペース/家具に収まるだけに留める。
  新しく購入した分、捨てるものを選ぶ。


【手段】引っ越しをする
 → 引っ越し先が狭かったり収納が無いと、モノがおけなくなる。
   梱包が大変なので、荷物を減らしたくなる。
   繰り返し引っ越しをすることで、モノを持たない体質になっていく。
  (管理人経験済みです。コストはかかりますが、非常に効果があります。)

 

【効果】新しい趣味ができるスペースが生まれる
 → 片づけたスペースに別のモノを置く。
   人生に必要なものであれば、モノを全て捨てる必要はない。
  (管理人は、稼いだお小遣いでカッコいいギターを買い、
   断捨離してできたスペースに置いて練習しています。)

 

いかがでしょうか。

まずは断捨離をスタートするきっかけを探してみましょう。