捨てられない私が断捨離できた理由

〜 お小遣い稼ぎしながら楽々お片づけ 〜

リバウンドした方へ

こんにちは、Luciaです♪

こんなブログを書いていますが、正直に申し上げます。

 

「リバウンド、しょっちゅうしてます。笑」

 

リバウンド、とは。

そう。

断捨離した綺麗なお部屋をすぐに汚すことです。

やはり人間、癖があるので、なかなかそこは直すことができません。

私の場合はモノを積み上げることですね。

 

ただ、昔と違うのは、定期的に不要なものを捨てられるようになったこと。

 

このブログや他のノウハウをご覧になって、実践され、

そして、いつの間にゴミ部屋になってしまった方へ。

繰り返しが大事です。

繰り返し繰り返し、ちょっとずつちょっとずつ断捨離していくことで、綺麗なお部屋を維持するのです。そして、綺麗な心を維持するのです。

初心に戻りたい方、よかったら過去の記事をご覧になってみてくださいね。 

okataduke.hateblo.jp

 

 

okataduke.hateblo.jp

  

okataduke.hateblo.jp

 

私の断捨離の近況はというと、実家でコレクションしていた昔のアニメ雑誌やグッズがさらに出てきましたので、駿河屋(買取り専門業者)様に出しました。
事前見積もりは7千円ほどでした。
ゴミに出してしまうより、大切に取っておいたものが少しでも価値に変わったことで、お見送りした(捨てた)負い目が少しでも救われた気がしました。(TT)

でも、大切にしていたといっても、段ボールに詰めておいておいただけなんですよね。

周りの家族からは、「年に1回も拝んであげないのに、なにが大切にしているだ!」と叱られました。

たしかにそうなのかもしれません。

本当に一ヶ月に1回、半年に1回、年に1回…それくらいのスパンでも拝みたいものであれば、きっとアナタにとって本当に大事なものだと思います。。。☆

 

人生も断捨離も、繰り返しの振り返りが重要です。

 

本日はここまで♪

よかったら、スターで「いいね」してくださいね。

 

【メルカリ】メルカリをはじめる前に知っておきたかったこと <梱包/送付編>②

今回は管理人の、商品梱包方法についてご紹介します。

メルカリやオークションサイトだけでなく、大切にしていたものを他の方にお譲りしたりお送りするのに便利です。

是非おためしあれ♪

梱包は、簡単3ステップです。

  1. 商品を綺麗にする
  2. OPP袋に入れる
  3. 封筒/段ボールに入れる 
  4. テープで封をする

 

では、順に行きましょう。

 

1. 商品を綺麗にする

ティッシュや柔らかい布で、商品の汚れをとりましょう。

受け取ってくださった方に気持ちよく使ってもらうために行います。

(新品のものでも、送られてきたものが指紋だらけだったら嫌ですよね!)

プラスチックや丈夫な本の表紙など防水系のものであれば、除菌ティッシュで軽く拭いておくのも良いでしょう。

 

2. OPP袋に入れる

マストではありませんが、あるとベターです。

商品保護のため、透明な袋に入れましょう。特にデリケートな商品で取出時に影響がなければ、テープ付きの袋で、しっかり封しましょう。

商品の方が極端に小さい場合は、袋の端を折り込んで、マスキングテープ等でとめましょう。

貴重品については、さらにプチプチでくるみます。

OPP袋は商品を店頭で売っている商品のように綺麗に見せる効果もあります。梱包の丁寧さを演出することができますよ。
私はアマゾンで売っている以下の商品を利用しています。

おすすめサイズは次の通りです。

  • A3  :洋服、雑誌、立体物、その他大型商品
  • A4  :単行本、その他中型商品
  • A5  :DVD、漫画、文庫
  • ハガキ:ポストカード、アクセサリー、その他小型商品

 

 

3. 封筒/段ボールに入れる 

薄い商品は封筒に、立体物は段ボールに詰めましょう。

私が良く使うのは角3サイズの封筒です。

段ボールは、アマゾンなどの通販の梱包の再利用がオススメです。

ちょうど良いサイズがない場合は近所のスーパーから頂いてきます。(お菓子やきのこの段ボールがちょうど良いことが多いです。)

隙間が空いてしまう場合、広告をまるめたものやプチプチで埋めます。

 

 ・角3:本や小物をを送るのにちょうど良いサイズ

 ・角2:雑誌など大きめで薄い商品向け

 

4. テープで封をする

最後は、封筒の場合ノリで、段ボールの場合はガムテープでとめて封をします。

封筒の場合、ノリが剥がれてしまう恐れがあるため、マスキングテープやセロハンテープでさらに頑丈にすると良いですね。見た目も綺麗に可愛く演出することができます。

 

梱包の方法なんて知っていて当たり前だよ!という方は多いかと思いますが、相手のことを思って丁寧に梱包することで、受け取ったときの印象が異なってきます。
また、開封のしやすさが変わってきます。

私は、相手の方に商品内容と同じくらいに梱包についても喜んでいただきたいと考えながら、対応させていただいております。
おかげさまで、メルカリの評価でも、いつも丁寧な梱包だとご評価いただいておりますよ。
捨てるものを活用していただける、そして、お送りすることでさらに喜んでもらえる。
お譲りする型としてこんなに嬉しいことはないです。(^^)

 

本日はここまで♪

 

よかったら、スターでいいね、してくださいね♪

コメントもお待ちしております。

 

【メルカリ】メルカリをはじめる前に知っておきたかったこと <梱包/送付編>

しばらくご無沙汰してしまいました。

いつも読みに来てくださってる皆さま、ありがとうございます♪

 

メルカリ、でなくても身近に役に立つことなのですが、

商品の梱包および送付にあたってのノウハウを書いていきますね。

詳細は後日更新します。

 

ポイント

■梱包:
  ・プチプチで包む
  ・梱包材の借り止めや封かんにマスキングデープを使う
    →商品保護+丁寧さ&おもてなしの心を大切に

■送付:

   ・軽いものは定形外郵便

   ・小〜中サイズは追跡付きの便利なクリックポスト

   ・大サイズはメルカリ便(クロネコヤマト

   ・その他、第三種郵便の雑誌は、格安の第三種郵便

    →サイズや重さに適合し、かつ、お安い手段を活用しましょう。

 

よかったら、スターでいいね、してくださいね♪

コメントもお待ちしております。

【メルカリ】メルカリをはじめる前に知っておきたかったこと <出品編>

こんにちは♪

今回は、メルカリをはじめる前に知っておきたかったこと <出品編>です。

ただメルカリアプリでの操作だけでなく、メルカリで出品する際の流れを具体的に記します。
実際に出品画面にいったとしても、送付方法や価格は事前に考えておかないとすぐには設定できません。
以下では、それらを検討することも含めた、私が実際に出品する際の思考プロセスを記載していますので、この通りに実践していただければ、商品を売ることができ、さらにはスムーズな取引で必ず買い手から良い対応をした評価が得られるはずです。

 

出品の流れ

  1. 商品を用意する
    → 売るモノは過去の記事で既に選んでいますから、このまま次へ進んでください。

  2. 商品情報を思い出す/検品する
    →商品情報を書くために、売るモノがどこで購入したり、どの程度の使用状況なのか、思い出しておきます。また、実際に商品状態をよくみて、傷や汚れがどのあたりにあるか等を確認しておきます。
  3. 商品の梱包方法を考える
    →OPP袋に入れて、封筒に入れるのが丁寧な梱包の仕方です。
     立体物はAmazonの段ボールを再利用して入れるなど、どんな資材で包んで、何に入れて発送するかを事前に考えておきます。
     もし、資材がない場合は、出品前に予めこの段階で用意しておきます。
     (資材はだいたいAmazonで揃います。梱包/送付方法については、今後、別途このブログでノウハウとして記事にする予定です。)
  4. 商品の送付方法を考える
    →3.の梱包に応じて、どんな方法で送付するか検討します。
     3cm以下の厚みであればクリックポストが安価でおすすめですので、クリックポストの規定内の商品かどうか調べてみましょう。
     宅急便、定形外郵便、クリックポスト、レターパックetc. …この現代、多種多様な送付方法が選べますので、商品の大きさや重さにあった送付方法を選びましょう。
  5. 商品価格を考える
    →3.、4.の出品コストを加味した上で、商品の価格を検討します。
     メルカリ側に手数料で価格の10%は取られてしまいますので、その点は注意しましょう。
     もしも、出品コスト>利益 となるようであれば、出品せず、素直にゴミとして捨てる勇気も必要です。(あまり安い値段のものを少しずつ売っているだけではお小遣い稼ぎができないどころか、赤字となり、さらには断捨離も進まないのです。。)
  6. 商品の写真を撮る
    →買い手が見る、商品本体の写真を撮りましょう。スマホで十分です。
     明るいが反射しづらい状態でうまく撮るのがコツです。
     表から見た写真1枚でも出品できますが、商品の表・裏・側面のそれぞれの写真があると丁寧です。
  7. メルカリで商品写真をアップする
    スマホのメルカリアプリ、もしくはPCのブラウザのメルカリ出品画面から6.で撮影した写真データを選択します。
  8. メルカリで商品情報を入力し、出品する
    →商品がどんなもの(ブランド名や購入経路、服のサイズなど)であるか、また、状態、送付方法、価格等を設定します。出品ボタンを押したら、後は買い手が付くまで待ちます。
  9. メルカリで、商品に対してコメントが来たら対応する
    →出品物にたいして、コメントが来ると、メルカリアプリから通知が来ます。
     「やることリスト」というところに、コメントに対して返信するように連絡がありますので、回答・対応しましょう。
  10. メルカリで、商品が購入されたらお礼のメッセージを送る
    →買い手が現れ、出品物が購入されるとメルカリアプリから通知が来ます。
     商品ページから取引専用ページへのリンクが新たに現れますので、それを使ってお礼のメッセージと発送予定日等を連絡します。最悪、メッセージは送らなくても取引を進めることはできますが、こまめに連絡することで買い手の方に安心感をもっても羅宇ことができます。最終的には対応の丁寧さが評価にも繋がりますので、さぼらずにまメに対応していきましょう。
  11. 商品を梱包する
    →予め検討していた梱包方法で、梱包しましょう。
     資材や方法は簡易でも、テープの貼り方等は丁寧に行い、心を込めた対応であることがわかるようにしましょう。
  12. メルカリで宛先住所を確認し、商品を発送する
    →予め検討していた送付方法で、送付しましょう。
     郵便ポストへの投函、コンビニからの送付ができる方法だと比較的楽だと思います。
     ※事前にらくらくメルカリ便での送付を指定していれば匿名配送ができます。
  13. メルカリで、商品発送通知とメッセージを送る
    →商品を発送したら、取引画面から発送通知ボタンを押し、無事送った旨をメッセージで送ります。必要に応じて、荷物の追跡番号もお知らせしてあげると、買い手の方も安心でしょう。
  14. (商品が買い手のもとに到着したら、メルカリで買い手から評価が送られてくる)
    →買い手から評価(お礼)が来ると、メルカリアプリから通知が来ます。
     自分が評価を返すまでは、買い手の評価内容は見られませんが、評価が来たということは基本的には商品が無事到着し、満足したので送られてきた証だと思ってください。
  15. 買い手への評価を送る
    →14.が行われると、取引画面から相手への評価を送ることが可能になります。特に問題が無くスムーズに行えた場合は「良い」のアイコンを選択し、本文にお礼のメッセージを書き、返信します。
    なお、この後から自分への評価はプロフィール画面で確認できるようになります。
  16. 取引完了
    →15.が終わると取引が完了したことになり、売り上げ金もここで蓄積されます。
  17. 売上・振込申請を行う
    →売上金は申請を行わないと得ることができません。
     設定画面のメニューからから、振込先を入力し申請すると、一定のタイミングで振り込まれます。(詳細はメルカリの振り込みスケジュールをご確認くださいね。)
     ただし、売上金が1万未満ですと手数料を取られますので、1万円以上になったタイミングで申請するのが吉です。

 

以上です。
はじめは難しく感じたかもしれませんが、何回か行うと、考えることも少なくなり、自分なりの梱包/送付パターンができてきますので、乗り越えましょう。

まずは売れそうなモノ(人気があるもの・安いもの)を2〜3品出品してみて、コツがつかめてきたら断捨離対象のモノをどんどん出品していきましょう。

また、買い手の方からの反応があったりすると喜びや楽しさが感じられるはずです。
それをモチベーションに、自身が大切にしてきたモノに感謝しながら、丁寧に譲っていきましょう。

ちなみに、メルカリ内では、実際には売り買いが発生しているものの、言葉の表現上では「○○円でお譲りいただけないでしょうか。」のように、「譲る」が使われることがあります。
私は柔らかくてモノを引き続き使ってもらうニュアンスがよく出ていて、良い言葉だと思っています♪是非皆さまも使ってみてくださいね。

 

次回以降は、メルカリにおける梱包/送付方法についてのノウハウをご紹介していく予定です。

【メルカリ】メルカリをはじめる前に知っておきたかったこと<前提知識編>

メルカリをはじめる前に知っておきたかったことを、ご紹介します。

 

知っておきたかったこと <前提知識編>

  1. 売り上げ金の10%はメルカリの手数料として引かれる
    → 出品コストを考えると、実はゴミとして捨てたほうが安上がりな場合もあります。
  2. プロフィールを設定し、商品写真と商品情報を用意すれば、すぐに出品できる
    →梱包など購入されたときのことを考えなければ、出品自体は非常にかんたんに行うことができます。(購入された後のことについては、次回以降の投稿で説明しますのでご安心下さいね♪)
  3. 値下げ交渉されることが多い
    →お客様となる買い手から、自身が設定した価格より大幅な値下げを依頼されることがあります。
    利益追求が目的でなくとも、あまりサービスして値下げしてしまうと、赤字になる恐れがあるので気をつけましょう。もちろんですが値下げすると買ってもらいやすくなり、また、買い手からも喜ばれるため、値下げ自体は悪いことではありません。
  4. 価格/梱包/送付方法は自分で考えなければならない
    →らくらくメルカリ便というサービスを利用するとクロネコヤマトのネコポスや宅急便を安価で利用することができます。しかし、商品の大きさによってはさらにそれよりも安い値段で送ることができる場合もありますので、商品に合った梱包方法/送付方法を考える必要があります。また、それらの出品コストを踏まえた上での価格設定が必要になります。
  5. マナーの悪い買い手もいるため、問題発生時の対処方法を考えておく
    →買うと言っていて取り置きしていたのにいつまでたっても購入されない、
     値下げ交渉中に連絡が途絶える、クレームをつけられる等、システムでなく人とのやり取りになるため、問題はつきものです。
     何か発生しても落ち着いて対応し、個人での解決が難しい場合はメルカリ事務局へ相談するようにしましょう。
    予め断っておきたい事柄は、出品者のプロフィールに書いておくと吉です。
    (私は経験がないですが、何らかの不満から報復として出品者の評価をわざと下げる等される場合もあるようです。※悪い評価がついていると、他の購入希望者からの印象も悪くなってしまいます。。)

 

実はメルカリでは、商品の取り置きを「○○様専用」とする等、公式でない文化・お作法があったりします。
それらを含めた全体的な流れは、関連サイトか関連書籍で出品の基礎を学ぶことをおすすめします。

私は転売目的ではないですが、出品にあたっての基本が記載されていた、以下の本を参考にしました。特に何品も出品予定がある方は参考になさると良いでしょう。 

 

次回は、メルカリでの出品の流れを詳細にご紹介する予定です。

フリマサービスで売る(モノを手放す方法②)

こんにちは♪

前回の買取サービスによる断捨離は進みましたでしょうか?^^

今回は、今流行のフリマサービスによるモノを手放す方法をご紹介します。

 

私は今勢いのあるフリマサービス「メルカリ」を愛用していますので、このブログではメルカリのノウハウを載せていきますね。

まずはメルカリを利用するメリデメについてです。

 

メリット

  • 買い手から商品の評価をもらったり、自身の取引対応について感謝される
    喜びや楽しさにつながり、継続的に売ることを通して断捨離が続く
  • 業者の買取サービスよりも高値で売れる可能性が高い

 

デメリット

  • 手間や時間がかかる
    取引のためのやり取りが必要。また、商品の梱包や配送にかける時間が必要。
  • 梱包のためのコストがかかる場合がある
  • 売れるまでに時間がかかるため、在庫管理のスペースが必要になる

 

いかがでしょうか。

私も最初は、メルカリアプリの使い方に始まり、そもそもどんな梱包をしてどんな配送方法を選んだらいいのだろうかと抵抗が非常にありました。

しかし、方法を確立してしまえば、悩むことなくスムーズに売ることができるようになります。本当に「慣れ」の世界です。

そのため、手間というデメリットはありますが慣れることでだいぶ軽減することができます。
メルカリによる断捨離は、モノを手放せるだけでなく、お小遣い稼ぎができ、なおかつ、買い手の方から感謝されるという嬉しいメリットがあります。

まずは始めてみましょう!

(もちろんヤフオクなど、実際に使うフリマサービスはお好きなものを選んでいただいて構いません。^^)

 

皆さまがスムーズにメルカリを使って断捨離できるように、次回以降このブログではメルカリを始めるにあたって知っておきたかったことやコツをご紹介していきます♪

買取サービスで売る(モノを手放す方法①)

こんにちは♪

今回は買取りサービスを利用した断捨離方法を紹介します。

買取りサービスを利用することによるメリデメは次の通りです。

 

メリット(短期間で大量に片づけられる)

  • まとめて送付することで、いっきにモノを手放すことができる
  • 売る手間が少ない。
    段ボールに詰めて送れば、査定から振り込みまでほぼワンストップで行えるところが多い。
  • キャンペーン中に申し込むと査定額がアップする。
    大量に出すことで、お小遣い程度の利益を得ることができる。

デメリット(査定金額は小さい)

  • 漫画や小説はかなり安価な値段で買い取られる。
  • 商品の状態などを理由に買いたたかれる場合がある。
  • 場合によっては、1品1品の査定額が開示されないことも。

 

以上のことから、断捨離するには業者サービスが向いていると考えます。

前回の記事でも述べましたが、売るということは売れるまでは、手元に在庫として残るということになります。
すぐに需要が出なさそうなモノが手元に残っていては、いつまでも断捨離が進みません。
それどころか、モノが手元にあることで勿体ない気持ちが加速し、やはり売るのもやめようかなぁと迷いが出てきますので、おすすめできません。

そのため、本やDVDなど大量にあり、部屋のスペースを確保しているものは、まとめて業者に売ってしまうのが一番です。
漫画本などは1冊5円いけば高いくらいですが、チリも積もればで大量に売った場合はそれなりにお小遣いが発生しますので、一石二鳥です。

メルカリ等のフリマで売るほうが高く売れることは間違い無いですが、1つ1つ取引して梱包して発送するという手間(時給)を考えれば、まとめて売る方がはるかに効率が良いのです。

ここで、もう一度。

私たちの目的は、利益追求でなく断捨離であることをお忘れなく♪

 

断捨離の第一歩として、まずはどこかの業者に売ってみましょう。
モノの整理の練習にもなりますし、思わぬお小遣いも入り、売ることが楽しくなるはずです。

売るに当たって、信頼と実績のある業者はたくさんありますので、検索してみましょう。
基本的にはインターネットを介して個人情報のやり取りをするところが多いので、自分で納得いった業者に売ることが大事です。

 

なお、私が利用したサービスは次の3つです。ご参考までに簡単に紹介します。

どのサービスも段ボールに詰めて送るだけなので、楽々でした。
対応も丁寧で良かったですよ。

業界的に、段ボール無料サービスがある業者も多いですが、送られてくるまでにさらに時間がかかってしまうため、安価な段ボールを買うか、近所のスーパーで予め段ボールを調達しておくことをおすすめします。

 

ネットオフ

本やCD、DVDを中心に買い取ってもらいました。
事前にISBNコードから査定金額を確認することができるので、便利です。最近のトレンドを知ることもできます。
他の買取サービスとの価格比較としても利用すると良いでしょう。
管理人は、漫画や小説よりも自己啓発本が高く売れることに驚きました。

 

専門書アカデミー

大学の教科書やPC専門書を中心に買い取ってもらいました。
漫画等を専門としている買取サービスよりも価値が分かっているので、思わぬ高値が付くこともあります。
業者ごとに強みとするジャンルが異なりますので、事前に調べておくと良いでしょう。

 

 駿河

アニメグッズを中心に買い取ってもらいました。
ゲームセンターのプライズのぬいぐるみやCD購入特典のポスターなども買取OKです。
こちらも事前に査定金額を調べることができますので、安心です。
(店舗の方針で、0円のものは基本的に送付しないように注意してくださいね。)
事前に自分で送付する商品とその査定金額を見積もる方法と、まとめて送って店舗側で査定してもらう簡易的な買取り方法との2種類が選べます。

買取TOP|通販ショップの駿河屋

 

次回は、メルカリを使ったフリマサービスでモノを手放す方法をご紹介します。